結婚を延期にする

結婚が延期になる場合

トップ

結婚や式に関する情報

新着情報

結婚を延期する場合には

理由として一番多いのは、近しい方に不幸があった場合です。その他にも身体的理由や精神的理由など様々です。どのような場合でも、結婚を延期するということは簡単なことではないので、慎重な話し合いが必要です。そのうえで延期が決定したときには、関係者や式の招待客の皆様に迅速にその旨を連絡しなければいけません。自分たちはもちろんですが、周りの方々の協力があってこその「結婚」ですので、連絡は出来るだけ早く行いましょう。自分の意思だけで物事を進めてしまわないように。体裁を気にする親族の方々もいらっしゃると思いますのでよくよく話し合うことが大切です。

結婚と不幸

どういう場合に延期になるのか

結婚をすると決めていても、実際に様々な事情が重なった上に延期となってしまうことがあります。もっとも多い延期の理由が不幸があった時です。喪中の場合にはどうしてもお祝いごとを避けなければいけないと思ってしまうことがあるのです。結婚は本人同士の問題だけではありません。家と家との問題でもあるのです。だからこそ、不測の事態が起きてしまった時には時間を置かなければいけないということを考えるのが一般的なのです。関係なく予定通りに行って欲しいという要望があれば良いのですが、一般的には予定を変更することが多いのです。